トップページ >ブルックスコーヒーレビュー2> ブラジル(ストレートコーヒー)

ブラジル(ストレートコーヒー)

コロンビアは、ブルックス(BROOK'S)コーヒーの中でも、ブレンドコーヒーではなく、
ストレートコーヒーです。ブラジル産の生豆を100%使用しているということです。

ブルックスコーヒーのブラジルについては、パッケージに、
「上質のブラジル生豆を100%使用した芳潤でまろやかな苦み」と書かれています。
このキャッチコピーは、「芳醇」の間違いではないでしょうか。

ブラジルに関しては、それほど苦みは強くなく、酸味も少ないです。
さらに、若干温度が冷めると苦みにまろやかさが増すように思います。

香りや味わいにはあまり特徴がなく、ブラジルはあまりクセがありません。
ですから、このコーヒーも比較的誰にとっても飲みやすいコーヒーとも言えます。

ブラジルは、キャッチコピーどおりに若干苦みは強いですが、
ヨーロピアンブレンドや癒しのバリほどではなく、苦みもまろやかというか、
マイルドですから、さほど気になることもないと思われます。

実際、淹れる前の豆の色もあまり黒くありません。
いつでも気軽に飲める一杯、それがブラジルというコーヒーという感覚でしょうか。